植物性化粧水

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

植物性化粧水

最近の化粧品を見てみると無添加化粧品に「植物由来成分配合」というフレーズを見かけることが多いと思います。響きは良さそうですが実際にどういいのか理解していない人がほとんどです。なぜこんなにも植物由来の化粧品が続々と登場しているのでしょうか。化粧品業界の流れ、消費者のニーズとして、科学成分を使用するより安全な天然成分が多くし使用さています。さらに、植物の香りもするのでアロマのようなストレス解消や癒し作用が期待できること、また狂牛病の風評で牛由来の成分が敬遠されがちであることが大きな理由です。
様々な化学物質の代替品として使用されていることの多い植物由来の成分ですが、「植物」であるからといって絶対安全と言い切ることはできません。食べ物に対してアレルギーが発生してしまうように植物に対してもアレルギーやかぶれが発生してしまうことがあります。また、植物由来成分というものは基本的に合成成分よりも力が弱かったり保存方法が難しかったりします。また、「加水分解ダイズタンパク」などの名前を見るとダイズだから天然成分だと勘違いしてしまいますが、これは合成の界面活性剤で天然ではありません。さらに植物=安全と思いがちですが、動物性や鉱物色素にもしっかりと認められている安全な成分は山ほどあります。
そして一番問題なのが無添加化粧品メーカーやメディアの過大な植物信仰なのです。植物だけに囚われずもっと、様々な天然成分を知ることが使用できる化粧品の幅を広げる良い方法だと思いまうす。しかし、植物性の化粧水も他の化粧品類と同じように植物成分にとって皮膚にうるおいを与えてくれるといわれているものです。へちまや米ぬかなどから摂れる水分をそのまま化粧水として使用できるものも植物性の化粧水と呼ばれていますが、多くが、化粧水の成分としてそのような植物からとれる成分を配合したものを言います。やはり、「植物性」という名前の威力は強く肌や美容に敏感な女性から多くの支持を集めています。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説