表示指定成分102種類

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

表示指定成分102種類

あなたは「表示成分」という言葉を聞いたことがありますか?聞いたことがあってもそれが実際どんなものなのか知らない人が多いのではないでしょうか。「表示指定成分」とは、昔の厚生省が決めた。有害化学物質で皮膚への障害をきたす可能性がある成分の中から、これまでにアレルギーや発ガンなどの症例がでたという報告があったものを筆頭に商品の容器に表示することが義務付けられるようになった成分のことです。
普段私達が使っている石鹸類や化粧品などにも小さい文字で「安息香酸」や「色素」などと書いていることが確認できると思いまうすが、これが表示指定成分であり、逆にこれらが入っていないものは無添加製品と呼ばれていまうす。無添加と聞くと、とても肌に優しくアレルギーなどの皮膚障害を起こす恐れがない自然の物と思ってしまいがちですが、上記にもあった102種類表示指定成分昭和40年くらいに作られた物であり、化学技術の発展によって新しくできた化学成分は2000種類以上あるそうです。
そのため、いくら多くの科学物質が配合されていたとしても102種類以外の物であれば無添加の商品となってしまうのです。確かに、102種類表示指定成分の中には、軽いアレルギーでは済まず、ガンを発生させてしまうかも知れない物があるので宛てにならないわけではないのですが、表示指定成分の他にもとても有害なものが多く存在しているようです。
そこで、2001年の4月あたりから化粧品に関する「全成分表示」という制度がはじまりました。これは、表示指定成分に限らず、配合されている全ての成分の表示が義務付けられたもので、情報の開示が進んだともいえます。しかし、この義務によって、今度は消費者に対して「表示された内容を理解する」義務が発生したと言えます。もし、消費者の肌にトラブルがあっても企業側はしっかり表示をしていたのでそれを読まなかった消費者が悪い、となってしまい兼ねないのです。そのため、私達は化粧品に使われている成分について、しっかりと知識を付ける必要があるのです。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説