アルコールフリーと無添加

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

アルコールフリーと無添加

最近良く聞く「~フリー」という言葉ですが、これは自由や無料といった意味でなく「入っていない、ゼロ」という意味を表しています。その中でも「アルコールフリー」という言葉あります。これはノンアルコールビールなどの類ではなく、化粧品に良く多用されています。アルコールは化粧水などに使われることが多いのですが、アルコールフリー化粧品とは、アルコールが添加されていない。つまりアルコール類が一切使用されていない製品のことです。
アルコールは消毒などのイメージが強い方が多いと思いますが、その他にも毛穴を引き締めてくれる効果が期待できるため、肌の引き締めを促進する化粧水として商品化されているものには、アルコール類が含まれているものが多いようです。しかし、アルコールは蒸発性が高いので肌の水分が奪われ、本来肌のもつうるおいを減少させてしまうことがあるので、乾燥肌のタイプの方にアルコール含有のものはおススメすることができません。さらには、肌の弱い人にとっては乾燥によってアトピーなどを促進させてしまうこともあるのです。
そこで登場したのが、アルコールフリーである無添加の化粧品です。ここで気を付けないといけないのが、アルコールフリーの方が必ず良いというわけではないということです。乾燥肌の人にとってアルコールフリーは魅力的ですが、アルコールには皮脂を抑える効果があるので、逆に脂分の多い肌の人にはアルコールが配合されている方を使用した方が良いのです。
ただ、一つ言えることはアルコールは少なからず肌への刺激を与えており、注射をする時に消毒として使用されるアルコールからも刺激の強さがわかるかと思います。最近の化粧品では、同じ種類の化粧品で「しっとり」するタイプの物と「さっぱり」するタイプの物などアルコール含有の有無で表現が変えられている物がありますので、まずは自分の肌質を研究し様々な化粧品を試すことで、自分の肌に最適な化粧品を選びましょう。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説