アスコルビルリン酸Na

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

アスコルビルリン酸Na

アスコルビルリン酸Naとは

アスコルビルリン酸Naとは、アスコルビン酸(ビタミンC)にリン酸ナトリウム塩とパルミチン酸が結合しているもです。水溶性、油溶性のどちらもの性質を持っているビタミンC誘導体のことです。アスコルビルリン酸Naは通常のビタミンCより肌への浸透性が高いといわれています。また、通常のビタミンCは酸化しやすいのですが、それを安定化したものでもあります。皮膚を通過した後、酵素フォスファスターゼより、アスコルビン酸に変換されビタミンCとして効果を発揮します。また、イオン導入をおこなうことで、吸収性が増します。主に化粧水、保湿液、美容液などのスキンケア商品に使われることが多いです。この成分の人体への安全性は非常に高いとされています。

アスコルビルリン酸Naの効果

アスコルビルリン酸NaはビタミンC導体なので、美白効果、大量の紫外線を浴びる事によってできてしまったシミやそばかすを改善します。またアスコルビルリン酸Naは酸化しにくい性質を持っているので、酸化防止剤として化粧水に使われることがあります。アンチエイジングケアにも使用され大きな効果が得られます。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説