コラーゲン

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

コラーゲン

最近メディアやお店で「コラーゲン」と言う言葉を聞くと思いますが、「コラーゲン」と、聞くとみなプルプルしたゼリーのようなものを思い浮かべ、さらにはお肌にとても良いというイメージを抱く人が多いのではないでしょうか。しかしながら、そんなイメージだけで、商品を選んでいてはちょっともったいないです。「コラーゲン」と言う物はいったい何なのかをもっと深く知ってもらいましょう。
「コラーゲン」とは私達の体を形作っているタンパク質の種類の中の一つであり、体中に存在しています。タンパク質を摂取すると筋肉が作られると小学校の時に習った人も多いのでそのようなイメージを持つかもしれませんが、コラーゲンは他のタンパク質と全く異なります。細胞と細胞の間に存在するコラーゲンは、細胞と細胞をくっつける役割や、老廃物を取り除く役割をします。ヒアルロン酸と同じように年齢を重ねることによって体で作られる量は減少し25歳あたりを境に少しずつ減っていきます。コラーゲンの量が減ってしまうと細胞と細胞をくっつける力が弱くなるので、皮膚のたるみにつながり、水分を保ってくれるはずの場所も失われてしまうので肌が乾燥する原因にもなってしまいます。
コラーゲン不足で発生する悪影響は肌だけに限りません。コラーゲンは体中に存在するたんぱく質であるので、内臓や骨、関節や髪などいたるところで変化がおこります。内臓機能が低下、骨粗しょう症・関節炎・白髪や抜け毛など様々です。コラーゲンとは人体にとって必要不可欠なものであり、老化により失われる分、良質なコラーゲンを摂取しなければなりません。コラーゲンを保つという事は若さを保つのと同じ意味と言っても過言ではありません。コラーゲン料理・レシピなどがネット上に盛んに見られるのも、こうした意味があるからなんですね。コラーゲンと同じような効果があり、色々比較される事が多いヒアルロン酸。コラーゲン=ヒアルロン酸と誤解をしている方も多いと思いますので、コラーゲンとヒアルロン酸の違いについて説明したいと思います。そもそもコラーゲンとヒアルロン酸は成り立ちが異なり、コラーゲンはたんぱく質の一種ですが、ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種です。たんぱく質と糖の違いですね。また、コラーゲンは細胞と細胞をつなぐ重要な役割をしているもので、コラーゲンが不足すると肌のハリが無くなり、しわやたるみの原因になります。ヒアルロン酸は保水力が強く、1gにつき6リットルもの水分を吸収すると言われています。この保水力により、肌をみずみずしく保つ働きをします。コラーゲンが細胞同士の結合を保ち、ヒアルロン酸が保湿する・・・と考えるとわかりやすいと思います。ということは、コラーゲンとヒアルロン酸は、密接な関わりがあるといえますね。
つまりどちらが不足してもダメということになります。体内のコラーゲンが不足すると、いくらヒアルロン酸を摂ってもヒアルロン酸が留まる場所が無いからですね。以上の理由から、ヒアルロン酸などのムコ多糖類を摂取するときは、コラーゲンのサプリメントなども一緒に摂取した方が良いと言われています。また、ビタミンCもコラーゲンを体内で作る上で欠かせませんので、普段から不足しないように摂取する必要があります。結構摂取するものがあって大変そうに思えますが、バランスよい食事を心掛けて下さいという事です。コラーゲンとヒアルロン酸の違いを理解し、正しく摂取してお肌を若返らせましょう。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説