イソステアリン酸

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

イソステアリン酸

イソステアリン酸とは

イソステアリン酸とは、炭化水素から合成される飽和分岐脂肪酸のことで、安定性がある液状のものです。色は無色から淡黄色のオイル状になっています。製品の安定性を高めるだけでなく、感触改良剤、結合剤、油剤、洗浄剤、界面活性剤、スキンケア商品や化粧品の乳化剤としても使われます。また、同じ系統のオレイン酸より、酸化しにくく、安定しています。主にクレンジングオイル、化粧水、保湿液、乳液、美容液、クリームなどのスキンケア商品に配合されます。化粧品では、リキッドファンデーションなどの乳化剤として使われます。この成分の人体への安全性は問題ありませんが、一部アレルギー報告がされています。

イソステアリン酸の効果

イソステアリン酸は、化粧水などのスキンケア商品の乳化剤、結合剤、界面活性剤として使われます。乳化とは水と油を混ぜることです。界面活性剤とは、せっけんや洗剤のことで汚れを落とすものです。顔の汚れを落とす以外は他に相乗効果は特にありません。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説