界面活性剤とは

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

界面活性剤とは

界面活性剤とはとても難しい言葉ですが、簡単にいうと水に溶ける部分と油に溶ける部分の両方を持っている物質のことです。界面活性剤は水と油をつなぎ合わせる力があり、人間の体内にも存在しています。水と油をつなぎ合わせるという表現はわかりにくいかも知れませんが、普通、水の中に油を入れると水と油は完全に分離します。しかし、そこに界面活性剤を投入すると水と油の混ざった状態になるのです。界面活性剤がなくても、ドレッシングを振ればわかるように一瞬であれば油と水を混ぜ合わせることが可能なのですが、時間がたてば2層となって元に戻ってしまします。もし界面活性剤が入っていれば、この状態を長時間維持することができます。この働きが化粧品において大きな力を発揮し、油とすぐになじむ性質をもっているため、メイクの汚れ落とし等に最適なのです。
しかし、そんな界面活性剤にも問題が存在します。それは界面活性剤の種類にあります。一口に界面活性剤といっても、人の手が加えられていない自然界の物もあれば、人工的な物もあります。それら多くの界面活性剤の中で、危ないと言われているのが石油系合成界面活性剤です。石油系合成界面活性剤とは、その名前からわかるように石油を由来とする界面活性剤です。自然界の界面活性剤よりも界面活性の働きが強く、泡立ちを良くする力もあるので良いものと思われがちなのですが実は「泡」の量と洗浄する力は全く比例しません。泡は肌への刺激を少なくするためにあり、泡が良く立つからといって汚れが落ちるわけではないのです。
見た目の良さもあり、石油系合成界面活性剤は今や化粧品に欠かせないものとなってきましたが、近年、危険性について数々の声が上がってきているようです。石油系合成界面活性剤の働きで、本来もっている肌の防御機能を衰退させたり、たんぱく質に悪影響を与える危険性が疑われるだけではなく、河川への流出でヘドロを作り、魚に悪影響を与えたりと環境汚染を促進しているとも言われているのです。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説