パラベンとは

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

パラベンとは

パラベンとは別名パラオキシベンゾエート、またはパラオキシ安息香酸エステルと呼ばれており、多くのの化粧品に配合されています。パラベンについては様々な論議があり、30年以上の前にできた、アレルギーなど肌へ悪い影響が出る可能性がある化学物質をまとめた表示指定成分にはパラベンも含まれており、現在でも表示は義務付けられています。しかし、先程あげた表示指定成分はなにしろ30年も前に作られたものであり、現在は研究が進んでまた違った意見もでてきています。パラベンと一口に言ってもメチル、エチル、ブチル、プロピル、ベンジルの5種類のタイプが存在しており、ブチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベン、メチルパラベンの順番に防腐の力が強いそうです。
もちろんその力が強くなればなるほど肌に対する負担も大きくなるので、普段私達が使用している化粧品ではエチルやメチルが多く使用されています。メチルパラベンは食品の保存料として使用されているものなのでまだ安心して使える気がしますが、エチルパラベン、ブチルパラベン、プロピルパラベンは、体のホルモンバランスをくずしてしまう可能性があると言われています。パラベン自体には肌に対する効能はもっておらず、化粧品などの防腐剤の役割をもっているのですが、やはりアレルギーなどを起こしてしまう人が少なからずおり、できれば避けたいものです。
しかし、化粧品は腐りやすいのでパラベンが含まれていないものにはやはり防腐対策をしなければなりません。その際に良く使われているのがBG(ブチレングリコール)です。ブチレングリコールであれば、肌への刺激を最小限に抑え化粧品に重要なビタミンCが酸化してしまうのも防いでくれるため化粧品への用途としては最適と言えます。パラベンを使っているものはできるだけ避け、BGが配合されているものを選ぶようにすると良いでしょう。しかし、いくら肌への刺激が弱いブチレングリコールであっても水ではないので極たまにアレルギー反応を起こしてしまう人がいるそうです。全ての人に合う化粧品などはおそらく存在しないためしょうがないことなのですが、自分の肌質にあったものを選びましょう。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説