PG (プロピレングリコール) とは

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

PG (プロピレングリコール) とは

BG(ブチレングリコール)ととても良く似ていますが、PGはプロピレングリコールのことで「1,2-プロパンジオール」や「1,2-ジヒドロキシプロパン」といった書かれ方をすることもあります。プロピレングリコールはシャンプーや歯磨き粉または化粧品などに保湿剤としてよく配合されていることが多くあります。保湿剤だから、私達の肌をしっかり守ってくれているのだと思うかも知れませんが実はこれは大きな間違いなのです。
私達の肌を保湿するのでなく、シャンプーや歯磨き粉などの製品自体を保湿し固まってしまわないようにするものなのです。ちょっと昔に売られていた歯磨き粉は蓋が開けっぱなしにしていたら固まってしまっていたのですが、今売られている歯磨き粉はたいてい固まらないはずです。歯磨き粉だけでなく、赤ちゃんも日常的に肌に触れるウェットティッシュやお尻拭きまたは、私達が普段食べているコンビニのおにぎりにも使用されてきたようです。これだけ日常に多く使用されてきたブチレングリコールですが、実はもともとエンジンのオイルや作業油の不凍液としての用途で使われていたものなのです。日本では厚生省にあたる機関であるアメリカのFDAでは、皮膚炎から赤血球の減少、または心臓、脳への障害などが発生する可能性を報告しています。他国ではドイツなどが、日用品に使用することを禁止しており、発がん性物質と認識されています。
シャンプーを作っている人達自身もこの物質が危ということをしっかりと認識しており、シャンプーを作る工場に出入りするトラックなどには、危険物取扱いのマークが付いているそうです。プロピレングリコールは皮膚に触れるだけで体内に入っていくことがわかっていえるのでプロピレングリコールを取り扱う工場では皮膚に触れないように、作業員が防護服を着ているくらいです。昔から危ないと言われていましたが、その頃は蓄積だけで症状がでていなかったので多くの人が甘く見ていたのですが、最近になって症状が増えたことにより騒がれ始めたのです。将来どんな症状がでても因果関係を摂るのが難しいことから会社はなんの保障もしてくれません。将来的に大きな病気になってしまわないようにするためにも、迷わずプロピレングリコーゲンが入っていないものをオススメ致します。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説