フェノキシエタノールとは

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

フェノキシエタノールとは

フェノキシエタノールとは、パラベンやブチレングリコールと同じように化粧品などの酸化を防ぐ防腐剤としての効果を持っています。なぜ同じような防腐剤が何種類もあり、フェノキシエタノールが使用され事が多かというと、それは他の防腐剤が言われている害にあります。先程あげた防腐剤として使用される「パラベン」は、悪い成分としての知名度が高く消費者がもつ悪いイメージもそうとう行きわたってしまっているようなので、避けられる「パラベン」は使わず、フェノキシエタノールを使うメーカーが多くなってきているそうです。パラベンという名前を消すだけでなく、「パラベン無添加」や「パラベンフリー」とあえてパラベンが入っていない商品だということを主張する商品も増えてきました。それだけ「パラベン」という名前が悪いものとして浸透しているのですね。パラベンに対してフェノキシエタノールはイメージも悪くないので、多くのメーカーが採用しています。
フェノキシエタノールは少量でも防腐効果が高く、フェノキシエタノールを配合することで「酸化防止剤」の合計量が減るため、結果的に肌に残る防腐剤量が減るとも言われているので、フェノキシエタノールを使わず防腐をしているものよりもフェノキシエタノールを使用している方が肌に対する影響を減らすこともあるそうです。このような情報だけだとフェノキシエタノールは万全のように聞こえますが、必ずしも絶対安全とは言えません。フェノキシエタノールの毒性はパラベンより弱く、自然界にも存在している成分と言われていますが、刺激性がないわけではなく、防腐効果もパラベンよりは劣ってしまう部分があるようなので人によっては、どうせ防腐剤が入っているならパラベンが入ってる方でもいいやとパラベン入りの物を選んでしまうこともあるそうです。
しかし、化粧品は毎日のように皮膚と接触するので量は少ないといえども体の中に入っていきます。そのため、化粧品、シャンプーなどの頻繁に使う物、赤ちゃんが使う物に関しては出来るだけ信用のおけるものを使用することをおススメします。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説