ラウリル硫酸ナトリウムとは

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

ラウリル硫酸ナトリウムとは

ラウリル硫酸ナトリウムは表示される時にSDSやSLS、トリエタトルアミンまたはTEAと書かれかたが様々なのでこれらすべての呼び方を頭に入れておく必要があります。PG(プロピレングリコーゲン)と同様にシャンプーや歯磨き粉、化粧品などの製品や発泡剤などの有害とされる界面活性剤として使用さることが多いようです。日用品に多く使用されていますが、もとはエンジンなどの洗浄剤や潤滑剤などとして使用されていた猛毒として扱われるはずの合成化学物質です。その毒性の強さから大学や研究室などではそのまま保管するのでなく、容器にカギをかけるようになっています。取り扱う上での注意もあり防毒マスクや保護手袋等を着用する必要があります。飲むともちろん生命の危機に関する悪影響があるのですが、それだけではなく、皮膚に触れるだけでも皮膚から体内に入り蓄積されてしまいます。動物実験でもかなりの悪影響があるようで皮膚が荒れアレルギーを引き起こしたり、目に対して障害を招いたりという報告もあるそうです。
なぜこのような物が化粧品やシャンプーなど私達が普段使うような物の中に含まれているのでしょうか。ラウリル硫酸ナトリウムは、少しの量でたくさんの泡が立ち、さらには値段も安価であることから商品の外見的な質を向上させ価格を下げるため多くのメーカーが使用していると言えます。おそらくこのこれらのメーカーで働き事実をしっている社員さんは、この化粧品を使用していないでしょう。工場で作られる際は防護服をまとっているほど危ない化学物質であるのに、なぜこのような物の使用が許されているのでしょうか。それをメーカーに問い合わせてみると、「厚生省が出している基準値を超えていないから問題ないのです」というような答えが返ってくるようです。ここで言われる基準とは、どれくらい薄めたら危険が少なくなるか確認するための動物実験をし、その結果セーフだった量というなんとも微妙な物だと言われています。本来、動物実験は安全と言われる物を本当に安全かどうか確かめるためにあるものであるはずなのに、危険な物を安全値まで下げるための実験となるとやはり怖さや不安が残ります。動物実験をする必要がないWHOによって承認された安全なものもあるのですが、コスト高いため使用するメーカーは少ないそうです。
肌荒れやアレルギーまたはガンの恐れがあるものはできるだけ避け、ラウリル硫酸ナトリウムの入っていない化粧品を選ぶことをオススメ致します。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説