紫外線吸収剤とは

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

紫外線吸収剤とは

紫外線吸収剤とは日焼け止めに使用される薬の一種で、肌に塗った成分が一度紫外線を吸収し、その後化学反応を使って熱エネルギーに変化させるものです。紫外線吸収剤としてよく耳にするものをあげてみると「メトキシケイヒ酸オクチル」、「オキシベンゾン」などがあります。名前からもわかるように「紫外線吸収剤」は紫外線を成分に「吸収」させることで、肌に直接通さないようにしてくれる働きがあります。
どのような原理でこのようなことが起こっているのかと言うと「紫外線吸収剤」の分子の構造が紫外線を吸収することで変形し、熱エネルギーに変え、再びもとの分子構造にもどり、また紫外線があたったならば紫外線を吸収する。ということが繰り返しが行われています。このように紫外線から肌を守ってくれる良い物質なのですが、何度も何度もこの反応を繰り返すうちに、分子構造が壊れ分解してしまいます。そして分解された紫外線吸収剤は、刺激物として肌に吸収されることがあるという問題を抱えています。これでは肌の弱い人におススメはできません。
ここで登場したのが紫外線散乱剤です。紫外線散乱剤とは、これも名前のままなのですが紫外線を反射する役割をもっています。有名なものに「酸化チタン」、「酸化亜鉛」があり、敏感肌であったりよくかぶれることがあるという人には、こちらの紫外線散乱剤を配合したものの使用をおススメします。吸収剤であれば紫外線を吸収してしまうので、良くない反応を起こしてしまうことがありますが、散乱剤の場合、紫外線を吸収しませんので肌が弱い人であっても心配ありません。商品で使用されている言葉としては「紫外線吸収剤無配合」や「ノンケミカル」という表示があるものを選んで下さい。
紫外線といえば夏の暑い時期だけ気にする人が多いのですが紫外線は夏場だけでなく1年中肌をむしばんでいます。そのためシミ・シワや乾燥肌にならないためにも、年間を通して紫外線の対策をすることが必要となってきます。また、日焼け止めにある表示で多くの方が間違えてしまっているのはSPF、PAの値が高ければ良いというわけではないということです。SPAが高い日焼け止めは、それだけ多くの吸収剤や散乱剤を含み、肌に対して負担をかけてしまっていると言えるのです。外でのスポーツやアウトドアの際には、SPFが30以上、PA++であるものを使った方が良いですが、通勤やちょっと外出する時などは、SPFが20以下、PA+の弱いものを使うように心がけて下さい。つまり、用途に合わせてできるだけ負担のかからない方法を選ばなければならないのです。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説