ステアリン酸PEG-150

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

ステアリン酸PEG-150

ステアリン酸PEG-150とは

ステアリン酸PEG-150とはモノステアリン酸ポリエチレングリコールとも呼ばれています。合成ポリマーのポリエチレングリコール(PEG)と、高級脂肪酸であるステアリン酸との付加重合、もしくはエステルです。PEGの後ろの数字で数種類あります。ステアリン酸PEG-6やステアリン酸PEG32、ステアリン酸PEG-100などです。いろいろと種類がありますが、どれも同じような使い方がされています。

ステアリン酸PEG-150の化粧水利用

ステアリン酸PEG-150は乳化作用が優れていて、界面活性剤として利用されています。非イオン界面活性剤ですから安全性はあるということが言えます。また化粧品の安定性を高めるためにも利用されています。乳化成分として幅広い化粧品で使われています。油滴が水に分散する水中油滴、O/W型と呼ばれる使い方がされています。また界面活性剤としてシャンプーに用いられた場合は乳化作用はすばらしいのですが泡立ちはあまりよくないという特徴があります。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説