アレルギーテスト済みとは

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

アレルギーテスト済みとは

アレルギー体質の方は化粧品から日用品に至るまで成分をしっかり読んでアレルギー反応が出る成分が含んでいないかどうかを判断しなければなりません。特に気にしていらっしゃる方はご存じかと思いますが最近「アレルギーテスト済み」という表示をよく目にするかと思われます。「アレルギーテスト済み」と書いてあればなんだか安心してしまいがちですが、実際は注意が必要なようです。
「アレルギーテスト済み」という表示には「安全」というインスピレーションが生れてしまいますが、実際はこのアレルギーテスト自体にガイドライが存在していないそうで、各製造販売各社が各自の責任によって、アレルギーテストを行っています。つまり、このテストには統一性がなくそれぞれの企業によって様々なのです。しかし「アレルギーテスト済」であるからといって、100人中100人にアレルギー反応がないということを表しているわけではありません。アレルギーテストとして、RIPTと呼ばれる方法があり、これは50名以上の対象者に3週間繰り返し商品を使って頂き、ある程度の休止期間が経った後に再びパッチテストを行ってアレルギーの反応を判定します。この試験においては、アレルギーの誘発性がわかるだけではなく、テスト過程で触れたことによるアレルギー反応や蓄積され発生するアレルギーもわかるそうなので、総合的な安全確認がとれると言われています。また、「アレルギー100%済み」という言葉もありますがこれも絶対にアレルギーが起きない、という意味ではないのです。
化粧品を作る際は、原料から製品化するまで厳密な安全性テストを行っているのですが、刺激が最小限でアレルギーが起こりにくいようになっていることを示すひとつの指標として「100%アレルギーテスト済み」という言葉があると考えた方が良いそうです。アレルギーはその人によって違いがあるだけではなく、その日の体調や季節的なものにも左右されるため、化粧品の配合成分のみが原因で症状がでるとも限らないのです。もし化粧品のなどを使用して発疹などが出た場合、アレルギーの可能性が疑われますので、皮膚科に行きアレルゲンを調べてもらい、把握することが安心して使うための最善の方法ではないでしょうか。あらかじめアレルギーもちの疑いがある場合は使用前に腕などにつけてパッチテストを行うとよいでしょう。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説