精油ウォーターのつくりかた

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

精油ウォーターのつくりかた

精油とは、エッセンシャルオイルと言い換えることができます。
精油という言葉の意味は、国語辞典によると「植物から得ることのできる、香りのある揮発性の油である。」ということだそうです。さらに社団法人日本アロマ環境協会では、「精油とは、植物の花や葉、種子や樹脂などから抽出された天然の素材です。有効成分が高濃度に含まれている揮発性のある芳香物質です。精油は、植物によって違う香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となっているものです。」と定義されています。また原則として、純度100%のものを精油(エッセンシャルオイル)と定義しているそうです。

<材料>
精製水・・・50ml
ウォッカ・・5ml
精油・・・・2~10滴
※精油ウォーターの材料でアレンジも可能で、水分と精油の成分を一度に使いたいと思った場合は、あらゆる手作り化粧品の基剤とすることができます。例えば、上記の材料にグリセリンを混ぜれば、手作り精油化粧水にすることができます。

<つくりかた>
1.水とウォッカを混ぜる。
2.精油を加える。
3.よく振り混ぜる。

<注意点>
精油を肌へ塗ることを目的とした場合、一般的には1~2%以内で使うようにします。
特に顔などへご使用になる場合に関しては、より注意が必要になると思いますのでこの作り方に関しては、前提として、1%以内でお好みに応じて使用するということにしました。
ただし個人差もあります。そのため使用するときには、ご自分のコンディションに合わせた分量を決めて使うようにして、十分に注意をはらって使用するようにしてください。
また精油の性質として精油は水には溶けないので、アルコールを希釈剤として使用しています。この時アルコールが肌に合わないと感じた場合は、使用を省くことも可能です。アルコールの使用を省いた場合には、精油が十分に水に分散されていない状態になっているため、使用する直前に十分に精油ウォーターを振り、精油をできるだけ分散することができる状態にして使うようにしてください。

精油組み合わせ例

精油は入れるものによって効能が変わります。お好みのものや、肌に合わせた効能を持つ精油をいれるといいと思います。
①敏感肌:ラベンダー、ローズ他
②脂性肌:ルガモットFCF、ローズマリー他
③乾燥肌:カモミールローマン、ローズウッド他          
④老化肌:フランキンセンス、ローズ他
などがあります。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説