ケミカルピーリング

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、皮膚に対して障害となる薬を与えることによって、その肌の新陳代謝を活性化させて肌年齢を下げさせたり、肌の病気を治癒させたりする治療法のことを言います。つまりは、古い表皮や角質などを、皮膚に障害を与える薬を使って科学的に溶かして、新しい皮膚を再生させようということです。
ケミカルピーリングは、現在、ニキビやそばかすの他に、乾燥肌や小皺、色素沈着などの皮膚の病気を改善するために使われますが、その前は皺とりなどの、所謂「若返り」のための方法として発展していきました。
また、治療としての目的の他に、エステでも、顔を美しくすると言われて注目されています。しかし、強力な効果のある薬で皮膚を溶かしたりするため、刺激に弱い肌の方がこの薬を使用すると、副作用の影響が大きく出てしまい、肌が腫れたり、水ぶくれになったりして大変なことになってしまいます。そのため、国民生活センターなどからも注意を呼びかけられています。ですが、やはり肌の効果への期待は大きいようで、ある程度の需要はあるようです。
ケミカルピーリングでは、治療目的によって、使われる薬が異なります。代表的な薬は、通称フルーツ酸と呼ばれる、AHA(アルファハイドロキシ酸)という薬です。
AHAの中にもいくつか種類がありますが、ケミカルピーリングで多く使われているのは、乳酸とグリコール酸の二つです。
乳酸は粒が大きいため、皮膚の中までは浸透せずに表皮で作用します。逆に、グリコール酸は粒が小さいので皮膚の中まで浸透して効果を発揮します。
一般的に市販されているケミカルピーリングの化粧品は、「濃度」の項目を売りに出しています。
濃度が高ければ、それだけ効果が期待できそうだし、少々高くてもいいか、といった購買意欲を掻き立てられます。しかし、濃度も重要ではありますが、それ以上に重要なのがpHという値です。pHが高いと、乳酸やグリコール酸はあまり作用しません。しかし、低すぎると皮膚への刺激が強くなり、酷いときには、化粧品の使用によって肌が病気になった、と裁判沙汰になることもあります。
そのため、医者に診てもらったりする場合には、pHが低くても、医者の専門的な助言などもあるため色々考えられるでしょう。つまりは、安全です。しかし、一般に売られてる商品でpHが低いがために裁判沙汰にでもなったら大変です。なので一般の商品のpHは高いです。ですが先述した通り、作用の効果はあまり大きくありません。ですが、濃度が高い、と書いておくだけで、さも効果が高いかのように見せることができるわけです。
今問題となっているのは、専門の医者でも失敗の可能性がゼロではなく、ましてやエステではより危険性の高いケミカルピーリングを、知識のない一般人が家庭用ケミカルピーリング化粧品を使って、なんの問題もなく治療が出来るか、ということです。
使用の際は、専門医などの、知識が豊富な人に相談し、よく考えることが、安全への第一歩です。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説