コールドクリーム

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

コールドクリーム

コールドクリームとは、化粧用クリームのうちの一種で、肌に塗ると、気化熱が蒸発して冷たく感じることから、この名前がつけられました。
コールドクリームはワセリン、ミネラルオイル、オリーブオイルといった様々な油に加えて、水、保湿剤、乳化剤、防腐剤、香料といった化学物質を混ぜ合わせてできるクリームのことを言います。特に、油っ気が多く、こってりとした感じのクリームのことを指すことが多いです。他のクリームと違うことは、用途がかなり多いことです。クレンジング(化粧落とし)や肌の保護の他にも、洗顔やマッサージ、化粧前の下地づくりなど、その使用方法は多岐に渡ります。
コールドクリームが最初に作ったのはガレノスという人で、時期は2世紀でした。
ガレノスは戦闘兵を養成するためのトレーニング場で主任医師として働いており、傷ついた戦闘兵達を治療していました。しかし、そうやって戦闘兵を中心に治療しながら、貴婦人層への美容ケアの品も開発していました。この人の作ったクリームが元になっていると言われています。因みに、このガレノスという人は、現代史に名を残すほどの有名な名医でした。そんな人が美容に効果のあるクリームを作ったなんて、ちょっと意外ですね。
先述しましたが、コールドクリームはマッサージ用や洗顔用にも使われています。手や指で圧力をかけて使うものもあり、合成界面活性剤というものを使用したものもおあります。また、ここで気を付けなければいけないのは、肌が弱い人の場合、乾燥肌になる可能性があるということです。
コールドクリームには無水タイプというものがあります。無水タイプは、主にマッサージ兼用のメイク落とし用として使われます。また、ここでも注意するべきことがあります。
乳化した状態のコールドクリームを使って顔をマッサージすると、合成界面活性剤が皮膚の保護膜を破って皮下に浸透してしまい、皮膚が老化してしまう原因となることがありますので、使う時には注意が必要です。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説