クレンジング

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

クレンジング

スキンケアにおいて一番初めに行うのがクレンジング。クレンジングは、お肌の石鹸だけでは落とせない皮脂やメイクなどの汚れを取り除く為に大切なものです。しっかりとしたクレンジングをする為にはどうすればいいのでしょうか。今ではクレンジング化粧品も沢山あり、汚れの種類やお肌の質によって使い分けができます。クレンジングには主に3つのタイプがあるのですが、それぞれの特徴と共に紹介します。
まずは一番メジャーなオイルタイプ。オイルタイプは油性の汚れを落とすのに最も効果的です。「油は油で落とせ」という言葉もありますよね。カバー効果の高いファンデーションやしっかりとしたメイク、UV対策や微粒子パウダー配合の化粧品を使用している人に最適です。クレンジング方法は、濡れていない手のひらにクレンジングをたっぷり取り、鼻の脇や目のまわりなど汚れの残りやすいところから顔全体にのばします。少し濡らした手でオイルを乳化させ、温かいお湯でクレンジング剤が残らないようにしっかりとすすぐのがポイントです。
2つめが、クリーム・乳液タイプ。あらゆる種類のファンデーションに対応し、油性の汚れも落とすのがクリームタイプ。油性があまり多くないファンデーションを落とすのであれば、乳液タイプをオススメします。クレンジング方法は、手のひらにサクランボくらいの大きさのクレンジングを取って頬や額に乗せ、それぞれ円を描くように指先で軽くクルクルと顔全体に伸ばします。最後にティッシュなどで優しく拭き取ります。クリームタイプは油分が多いので、さらに拭き取り化粧水を使うことでサッパリと仕上がります。
3つめが、ローションタイプ。軽いメイクや、先ほど紹介したクリームタイプのクレンジングの拭き取りにお勧めです。メイクをしていなくても、オイリー肌の人は洗顔前に使用すればサッパリとした仕上がりになります。クレンジング方法は、コットンにたっぷりとローションを含み、顔の中心から外側に向けて優しく拭き取ります。この時に、ローションの含みが少ないと、摩擦でお肌を傷つけてしまう原因になるかもしれないので、コットンにたっぷりと含ませることがポイントです。
クレンジングがしっかりできていないと、目元の色素沈着やくすみ、くちびるが荒れる原因になることがあるので、美しい肌を保つためにはしっかりとしたクレンジングを心がけましょう。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説