あぶらとり紙

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

あぶらとり紙

外出する時、スキンケアの為に常に持ち歩いている人も多いあぶらとり紙。特にTゾーンのテカりを抑える為にとても重宝しているという人も多いですよね。もちろん、長い歴史を持っているこのあぶらとり紙は非常に役に立ちます。皮脂をしっかりと取ってテカりを抑えてくれるその効果に関しては、実際に体験して知っている人がほとんどであると思います。しかし、このあぶらとり紙の使用における注意点に関しては、あまり知らない人も多いのではないのでしょうか。
お肌の皮脂が過剰に分泌されていたら、ほとんどの人があぶらとり紙でそれを強くこすって取ろうとしますね。ところが、それをすることで、あぶらとり紙は本来お肌のツヤの為に確保しておかなければいけない一定量の皮脂まで取ってしまうのです。さらに、こする事でお肌の水分も減ってしまい、お肌から潤いを奪ってしまうのです。このことから分かるように、あぶらとり紙は非常に効果の大きいスキンケア商品です。ですから、あぶらとり紙を使用する際には思いきりこすったり押し付けたりする必要は全くなく、優しくふき取るくらいで十分余計な脂はとれるのです。その際に力を入れすぎると、あぶらとり紙の効力の高さが逆にお肌を傷つけることになってしまいますので、決して力を入れすぎないように優しくケアしましょう。また、あぶら取り紙を使用する際には、同時に水を含ませたコットンやガーゼで顔を軽く押さえてあげると、お肌に水分が補給されてより効果的です。コットンやガーゼがなければ、ティッシュを代用しても良いでしょう。ティッシュを利用する際には、濡らして顔を軽く押さえることで、お肌の水分を保ちながら脂をとることができます。
また、あぶらとり紙は毛穴対策にも最も効果的なスキンケア商品でもあります。目立つ毛穴=毛穴の出口が広がってしまっている、ということですが、そもそもどうして毛穴が広がってしまうのでしょうか。フレッシュな皮脂はお肌を覆って膜となり、お肌を乾燥から保護してくれています。ところが、その皮脂は時間が経つにつれて酸化し、「過酸化脂質」になってしまうのです。この「過酸化脂質」は毛穴を刺激し、どんどん毛穴の出口を広げてしまいます。あぶらとり紙を正しく使って酸化した皮脂を発生させないようにすることで、美しいお肌を保つことができるでしょう。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説