サンスクリーン剤

スキンケア化粧水の比較ランキングで徹底比較!

サンスクリーン剤

サンスクリーン剤とは、所謂「日焼け止め」と同じようなもので、紫外線から表皮を守って日焼けや皮膚の老化を防ぐためのものです。
ご存知の通り、乳液状のものやクリーム状のものなど、色々な種類があります。
あまり知られていませんが、サンスクリーン剤を使用する際は、各々の肌の種類によって使い方が異なります。肌は日焼けのしやすさによって3種類に分類されているので、注意が必要です。
日焼け止めを使用する際、使用する日焼け止め以外に日焼け防止効果のあるファンデーションなども塗っておくと、より効果が期待できます。
また、外出時間や外出先などの状況によって使用する量を適切に見極めることで、より効果的に使うことも考慮すべき点です。例えば、外出先が夏の海だったりする場合は、海水で効果が薄れてしまうのでこまめに塗り直す、などです。
サンスクリーン剤には、大まかな分類として、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」2つが存在します。
紫外線吸収剤は、主に合成化合物が多く含まれています。また、紫外線にはA波とB波の2種類が存在し、A波を防ぐための指標をPA、B波を防ぐための指標をSPFと言います。
A波はあまり強いものではありませんが、皮膚の奥まで染み込んで、コラーゲンなどに少しずつ、しかし確実にダメージを蓄積させます。一方のB波は、皮膚の表面に作用し、シミや水ぶくれなどの症状を引き起こします。
勿論ですが、PAやSPFの数値は、高い方が良く効きます。ただ、必ずしも高ければいいというわけではなく、状況によって強さの違うものを使い分けることが重要です。
また、紫外線吸収剤は、肌に届いた紫外線を吸収して、科学的反応によって違うものへ変えてしまうという仕組みなのですが、その際肌が荒れてしまう人もいます。
そこで、肌がかぶれやすい、敏感肌だ、という人には、紫外線散乱剤を使用した商品をオススメします。
吸収剤は、吸収した後の反応で肌がかぶれたりしますが、散乱剤は、紫外線を吸収することなく弾き返すので、肌が弱い人でも安心して使用できます。「紫外線吸収剤無配合」といった表示のあるものがオススメです。
散乱剤には、酸化チタンや酸化亜鉛といった鉱物系の成分が多く含まれています。多少塗っても健康に被害はありませんが、医薬部外品であるということを念頭に置き、使いすぎないことが重要です。また、近年では鉱物由来の成分を使わず、草花のみの薬品と言ったものも開発されてきています。鉱物由来のものに比べると効能は落ちますが、より安全に使用できます。

ニキビケア化粧水のランキング

保湿化粧水のランキング

無添加化粧水のランキング

美白化粧水ランキング

徹底解説